吉祥寺駅南口 徒歩5分の行政書士事務所です(武蔵野市 三鷹市 をはじめ、東京都 全域にご対応いたします)

外国人在留資格(VISA)手続き

近年、ますます増えている在留外国人。

外国人は、日本での就職をはじめ、留学、会社設立など、様々な目的で来日しています。そのためには、日本の入国管理局(※2019年4月より「入国管理庁」)で「在留資格」取得の許可を得たうえで、来日をしなくてはなりません。

また「在留資格」は、来日目的に沿った内容となるのですが、その資格内容の変更をする場合も出てきます(例えば、すでに就労系の在留資格で在留している外国人が、日本国内で転職をしたり、あるいは日本人と結婚をすること等)。さらに「在留資格」は有効期限があるため、引き続き日本で活動をする場合には、運転免許と同じように更新をする必要があります。

そのような入管の手続きは、原則として外国人本人(または外国人を呼び寄せようとしている会社など)が行うことになるのですが、申請書を書いて、提出書類を集めて、在留資格を必要であることを説明した書面(理由書)を作成して、それらを入管に提出をすることになるため、書類収集や作成に時間がかかってしまうことに加えて、入管から許可を得るための知識やノウハウが必要となってきます。

「申請書はどのように書けばよいのか」

「どういった資料が必要なのか」

「理由書はどのように作成をすればよいのか」

そういったお困りごとを、在留資格をはじめとした許認可申請のエキスパートである行政書士が対応をいたします。

入国管理局に関する主な手続き業務は、下記の通りとなります。

  • 在留資格認定(証明書交付)申請
  • 在留資格変更・更新申請
  • 永住者許可申請
  • 帰化申請

また、入管に申請をしようとしても、受付は平日のみであり、特に東京の入管は終日混んでいるため、そのためだけ一日かかってしまうことになりがちとなります。

そこで、なかなか時間を割くことができない当事者に代わって、行政書士(※)は申請を取り次ぐことが出来ます。※一定の研修を受け考査に合格した「申請取次行政書士」のみです。

行政書士事務所 武蔵野スクエアは、「申請取次行政書士」の資格を所持しておりますので、書類作成をはじめ、お忙しい当事者に代わって申請を取り次ぐことが出来ます。

どうぞお気軽にご相談ください。

PAGETOP
Copyright © 行政書士事務所 武蔵野スクエア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.